月別アーカイブ: 2017年3月

世代をこえて共有できる喜び

子供の頃大好きだった絵本「はらぺこあおむし」。
当時は本に穴が開いているしかけが斬新で夢中でページをめくりました。
買ってはもらえなかったので、近所の図書館に何度も借りに行ったことを覚えています。
自分に子供ができたら買ってあげようと決めていて、三年前ようやくそれが叶う時がきました。
書店に行くと、当たり前のようにそれは陳列されていましたが、今は赤ちゃんでも楽しめるように工夫されたものが色々と発売されていて、驚きと同時に妙な興奮を覚えました。
散々目移りした結果、ページが厚く穴に指を入れても切る心配のないものを選びました。
さっそくまだねんねの息子に読み聞かせを始め、初めはきょとんと聞いていた息子も三歳を過ぎたくらいから、自分で選んで持ってくるようになり、大好きな絵本の一冊になりました。
半ば強引なすり込みではありますが、子供の頃の自分と息子が好きなものを共有できる喜びは格別です。
三歳になった息子は慣れた手つきでスマホを操り、無料アプリではらぺこあおむしを育てています。
本はふたつ下の弟に引き継がれて、やはりお気に入りの一冊です。
もう内容を記憶しているお兄ちゃんが弟に読んであげる姿はなんとも微笑ましいもので、こっそり覗いてニヤニヤしています。
時代が変わっても色褪せない魅力を持ち続ける作品は数多くありますが、我が家ではこの作品が一番です。