月別アーカイブ: 2015年9月

夏の暑さは嫌いだったのに

夏は好きではありません。
汗をかくし、日焼けもするし、電気代もエアコンのお陰で高くつきます。
日本の夏はカラッとすることもなく梅雨を引きずる湿気を感じやすいので、肌や服にまとわりつくじめり具合も苦手です。

早く秋が訪れ、冬になれと、毎年願ってしまいます。
しかし今年の夏はというと、連日の曇り模様で夏ではないみたいです。
7月後半から8月前半にかけては猛暑日が多く参っていたのですが、暑さのピーク期間になると太陽は毎日当たり前のように雲に隠れてしまい、雨も頻繁に降ります。

その結果、温度もどんどん下がって夏用の服では寒くて外出できず、秋物を取り急ぎ出す始末です。
「これじゃあ夏らしくないよ」と、夏が苦手な私でも愚痴が出てしまいます。
嫌いなものでも、失うと有り難味が分かるというものです。

夏の嫌に思うほどの暑さがあるからこそ、秋の訪れが待ち遠しくなるのです。
嫌よ嫌よも好きのうちとは言いますが、そんな感覚に近いのかも知れません。
「夏は嫌!」という私の気持ちには、夏に対する感謝もあったのです。

このまま秋を迎えてしまうのはとても寂しく思います。
きっと晴れて太陽がカンカンに私を照らせば「暑いよ!」と文句をいうこととは思いますが「でも、ありがとね」と付け加えることでしょう。