母と2人でカレーを作って食べました。

私は仕事で調理をしていることから、近くの実家で一人暮らしをしている母の元を訪れた時には、時間があれば料理をして一緒に食べています。
なかでも得意なのはカレーで、市販のルーを使うのではなくスパイスを数種類合わせて作ります。
スパイスやローレルなどのカレー作りの必需品は実家に備えてあって、私が行ってカレーを作るときにだけ使用します。
野菜は玉ねぎだけは必要ですが、あとは冷蔵庫にあるものでやりくりするようにしています。
お肉ももちろん必要なのですが、ない場合はあえて買わずにお肉なしでも作ります。
今日は鶏もも肉があったので、チキンカレーを作りました。
細く切った玉ねぎをあめ色になるまでじっくりと炒め、鍋に移した後鶏肉をショウガ、ニンニク、それに塩コショウで炒めました。
これと冷蔵庫にあったニンジン、ゴボウを軽く炒めて鍋に入れて、水を張り、クミン、ガラムマサラなど6種類のスパイスとローレルの葉、ヨーグルトなどを入れて、粘りがでるまで約1時間煮込みました。
時間がかかり暑くなってきて少し疲れましたが、出来上がったカレーと別に用意したサラダを母と一緒に食べました。
少し水っぽいカレーになってしまいましたが、母はとてもおいしいと言っておかわりをしてくれたほどで、とても嬉しかったです。
カレーは鍋にまだたくさん残っていましたので、明日もあさっても食べると言ってくれました。お金がない私にできるせめてもの親孝行です。