僕らがいた、のこと

今までまったくジャニーズなんか興味なしだと思っていたのですが、今日、たまたま「僕らがいた」の後編を見てしまい、生田斗真に心奪われてしまいました。
いやあ、かっこいいですよ。
天才テレビくんでテレビ戦士やってた頃は、本当にまだかわいらしい少年だったのに。

連続テレビ小説あぐりに吉行淳之介役で出てたときは、すごくあどけない感じだったのに。
「僕らがいた」は少女漫画が原作みたいだったので、基本的にスルーしていたのですが、なかなか映画の中の空気、というか映像も儚げな感じで良かったです。
たぶん監督さんのセンスが良いのだと思いますが。

吉高由里子と生田斗真の絡みはなんか、夢のようにウツクシク、我が身を振り返り、多少哀しくなってみたりして。
顔立ちが人並み以上にキレイだったり、カッコよかったりするのはそれ自体、神様からのギフトなんだよなあ、と実感いたしました。
いいなあ、いいなあ、とため息しきりでした。

お話の内容は、生田斗真扮する矢野が坂道を転がり落ちるみたいに不幸になり、他の女の子とくっついたり別れたりしながら、最終的に吉高由里子扮する高橋とハッピーエンドな感じにまとまります。
最後はやや御都合主義に見えましたけど、まあ、概ねステキです、たぶん。
生田くんに恋焦がれる女子を本仮屋ユイカがやってますが、彼女のストーカーぽい演技もなかなか光ってました。