あこがれのスプレーホイップクリーム

最近スーパーで時々ホイップクリームのスプレー缶を見かけます。よくアメリカの映画で一般の家庭にあって、ワッフルにかざすとシュワーとクリームがでてくるものです。最近は日本のおしゃれなカフェとかでもシュワーとクリームを盛り付けるのに使っています。
じつは、ひそかに憧れていました。でも、買っても使いきらないだろうし。余ったらどうしたらいいのかわからないし。と、悩んでいたのですが、思いきって手に取ると、余ったらちゃんと冷蔵庫で保冷できることが書いてありました。とても親切です。
そんなわけで勇気を出してホットケーキミックスと一緒に買いました。休みの日だったのですがホットケーキを作っていると家族が集まり、なにしてるの?と寄ってきて、スプレーホイップクリームに興味津々で、余る心配も杞憂に終わり結局みんなでぺろりと食べてしまいました。味も甘すぎず、どこかあっさりしていてホットケーキの甘さと合わせてもくどくない味でした。こうして食べ終わってしまうと根が食いしん坊なので、フレンチトーストやワッフルと合わせたいな、と思ったり次々と使い道が思い付いてしまってまたほしくなります。アメリカの人はパンやワッフルが日本より身近なので、手軽に作れるホイップクリーム缶が必需品なのもよく分かりました。